里海って実際はどんなとこ?(2012.12.09)|ソーシャルエナジーカフェ


ソーシャルエナジーカフェのイベントに参加してきました。

里海って実際にはどんなとこ?〜石川県能登半島の美味しい魚を食べながら里海についてしろう〜

イベントの概要はこちらへ。

エネルギーが溢れてる若くてイケメンな講師「佐々木絢也」さん。
大学を休学して実際に能登半島に住んで活動をしています。

今回は高速バスで来たそうな。

まずは、講義から。
里海とはなんぞや?ってとこから入り、定置網の説明〜能登半島の若い漁師集団の一日の仕事の説明を。
スッキリしててわかりやすい内容でした。

その後は、美味しい魚たちを美味しく頂きました。

 
 
 
 
 

プリンスさんのドキドキ☆魚さばき講習があったりと、なかなか充実した内容。

若い人達が頑張ってると楽しい気持ちになります。
よし、自分も!とは最近ならないのですが、なんかで絡めると面白そうだな。

イベント情報

里海って実際にはどんなとこ?
〜石川県能登半島の美味しい魚を食べながら里海についてしろう〜

〜以下、ソーシャルエナジーカフェより引用〜
最近良く聞く、里山里海というキーワード。テレビや新聞等で見かけることがチラホラありますよね。
里山というと田んぼや田舎の風景が思い浮かんだり、森林整備や植樹なんかを思い浮かぶと思います。

でも、里海って言うとどうでしょう?
なかなか想像してもすぐにはイメージできない気がしませんか?

そんな里海を理解していただくために、当日は能登半島の定置網から直送された魚を皆で食べながら
世界農業遺産にも認定されている石川県の能登半島の海の話や、漁師の仕事、能登で揚がる魚のうんちくや美味しさの秘訣などを
ご紹介し里海のことを少しでも知っていただけたらと思っています。
(この時期に揚がる魚といえばブリ、アオリイカ、カワハギなどが、もしかしたら食べられるかも...)

こんな方はぜひどうぞ!
・最近、お肉を食べるよりも魚を食べるほうが好きになってきたという人
・おいしい魚を食べたい人
・海のある暮らしに興味がある方
・能登半島に興味がある方
・里海ってなんだ?と思う人    など

能登に興味のある方、海が好きな方、おいしい魚を食べたい方、どんな方でもお気軽にご参加ください!!

主催:佐々木絢也(ササキジュンヤ)
長野県生まれ、海なし育ち。
大学進学を機に、石川県での生活を始める。
大学3年時に能登半島の穴水町で半年間生活を送るなかで漁師町の生活や、海に関わるたくさんの人に出会い、
海産物の美味しさ、海の男のかっこ良さに魅了される。現在、大学4年を休学し、能登の海や魚の魅力を発信する
仕事を始める。

日時:12月9日 19:30~
料金:2800円(ドリンクは別途)

会場:ソーシャルエナジーカフェ

カテゴリー:ソーシャルエナジーカフェ 日記/雑記

20121210


« | 最新の一覧へ »